農場紹介|銘柄鶏「香鶏」の生産・販売をする「株式会社蔵王フーズ」

お問い合わせ
メニュー
レシピ集
お客様の声
直営店
メディア紹介
よくある質問

紹介

農場

香鶏は、栃木県のきれいな空気と澄んだ水、大自然の恵み豊かな、この場所で時間をかけて、ゆっくり飼育されています。 現在は、「大金農場」、「豊田農場」、「錦農場」で飼育・出荷されています。
当社には、協力しながら築いてきた産直関係があり、「安全性とおいしさが確認できるお肉」を皆様にお届けするため日々取り組んでいます。

紹介

平飼いで愛情こめて約90日
過密飼いをせずしっかり運動をさせて約90日で出荷(ブロイラーは約50日、地鶏は約150日)なので、硬すぎずジューシーな肉質になります。
オールイン・オールアウト採用
オールイン・オールアウトを行いますと、鶏を出荷した後、次のひよこが来るまでの空舎期間に水洗や消毒をきっちりでき、きれいな鶏舎に次の雛を迎えることができます。
一坪あたり30〜35羽で飼育
香鶏飼育には鶏舎のスペース確保にも気を遣っています。出荷前は2.4kgになりますが、その大きさでも十分運動ができる広さです。 一坪あたり50羽で飼育されるブロイラーとは大きな違いがあります。

香鶏の印象

生産農場の1つ「大金農場」の大金さん

飼育期間がブロイラーの倍近く飼いますので、非常に運動するってことで、
鶏本来の形で飼育するっていいますか、絶えず駆け回っているような鶏なので、
自然にいる鶏に近い感じがしますね。


Copyright(C) zao foods. All rights reserved.